トロントで心配される自然災害。

トロントで心配される自然災害。

日本では、自然災害というと地震や台風など、色んなことが気になりますよね。

数年前に、ブリティッシュコロンビアの田舎で過ごしたとき、その辺りでは山火事が一番心配される自然災害だと聞き、日本との違いに驚いたことがあります。同じブリティッシュコロンビア州でも、きっと海の近くに住んでいる人たちは津波を心配したりするのかもしれないですしね。

 

トロントではアイスレインが一番よくある自然災害な気がします。

実は13日(金)が誕生日だったのですが、その日の夜から(今のところ)月曜日まで、アイスレインが降ったり雪が降ったりの繰り返しで、かなり道路がグチャグチャで、誕生日を祝うところじゃありませんでした。。。

アイスレインとは、その言葉の通り、氷が粒で雨のように降ってくるので当たると痛いヤツなのですが、それが降るとそのまま車や樹木にピタッとついて氷となって残ってしまうので、やっかいなんです。しかも今回は、雪が降った後にアイスレインが降り、地面に残った雪がそのまま固い雪、ちょっと氷っぽくなって少しツルツルしてました。

これは一週間分の食糧を買いに来るまで出かけて、危うくそのまま車が動けなくなりそうだったときのことでした(写真なんて撮ってる場合じゃなかったのですが・・・)。サイドミラーの下にツララができているのですが・・・見えますか?鏡のところは水滴ではなくて、薄く氷が張られているんです。アイスレイン、恐るべし。

日曜日でも主要な道路はこまめに除雪されていることが多いのですが、今回は季節外れなせいか、全く除雪されておらず、道はグチャグチャでした。そのまま雪+雨で、シャーベットのようなシャリシャリなアイスっぽくなってしまったため、うちの車はツルッツルに滑ってしまい、主要でない道路に入ったら雪にハマってしまう事態に。。。タイヤの周りの雪をかきだしたり、後ろから車を押したりしていたら、通りすがりの車で来たおじさんが一緒に押してくれたりして、なんとか脱出成功。ちなみに問題は、うちの車が前輪駆動タイプで、しかもタイヤが使い古されていて、結構ツルツルしていたせいでこんなことになったんだと思います。。。でも、うちだけかと思ったら、交差点の真ん中で車が雪にハマってしまい、他の車のドライバーさんたちが後ろから押して助けてあげていたので、前輪駆動タイプな車+冬用タイヤを使ってないという組み合わせがこれを引き起こすのかも。冬用タイヤ、大事・・・。お金を貯めて、来年は冬用タイヤを買って使うよう、イブちゃんを説得してみようかな。。。

 

写真を大きめに引き伸ばしてみたのですが、伝わりますか?この・・・雪が固くなっている感じ。いつもなら雪の上を歩くと、フカフカで、雪玉を作るのもちょっと難しいくらいさらさらな感じなのに、今回は踏むとすぐに『底』を感じるんです。雪が少ないからじゃなくて、雨が降って雪が固くなったせいなんですよねぇ。

 

アイスレインが引き起こす、一番心配な被害は停電。

2014年のクリスマスの前に、大きな停電がトロント市内中にあって大変でした。その原因はアイスレイン。樹木にたくさんの氷が張り付き、その重みで枝が折れて、電線をあちこちでぶち切ったためだそうです。復旧には時間がかかり、あの寒い時期の中、暖房が使えず、クリスマスのご馳走も作れず(こちらではガスではなく、電気のコンロのところが多いです)、散々なクリスマスを迎えたところも多かったようです。

今回のアイスレインで、地味に被害を受けたエリアに私が住んでるところも入っていました。朝起きたらちょうど停電から復旧したようで、個人的に被害は全く被っていなかったのですが、朝の支度が大変だった家庭もあったと思います。

 

冬は、大雪よりも心配なアイスレインの災害ですが、夏は、大雨が降ったあとの一部道路浸水が懸念されるところかなと思います。去年は何度も雨が降り大変でしたが、今年の夏はどうなるのかな?とりあえず、この雪が終われば、きっと、今度こそ、春がトロントにも訪れると思うので、家でジッと我慢していようと思います。

 

<Sponsored Link>


 

今日のキサ。

外がアイスレインでツルツルしていて、外出をどうしようかなぁと考えていたら、気づけばキサはリラックスしていました。

キサの開き~!

面白がって開いているキサの写真を撮っていたら、恥ずかしくなったようで、この後猫のフリして(?)澄まして座っていました。

気づけば、痛かった甘噛みもだいぶコントロールできるようになり、思わずちょっと噛んだときは舐めてごまかしたりもするようになりました。猫との信頼関係を築くのって、意外に時間がかかったかも・・・。彼女の成長を振り返り、できるようになったことを思うと、まるで人間の子どもように一人の人格(猫格)があって、それを尊重しなくちゃいけないんだなぁと気づかされます。

 

<Sponsored Link>