新型コロナウィルスの影響 in トロント④(essential businessとは)

新型コロナウィルスの影響 in トロント④(essential businessとは)

何がessentialで、何がNon-essential businessとなるのか。

前回書いたときは、Non-essential business (生活を維持するために最低限必要とされるビジネス以外)の14日間の停止命令が25日より実行されると書いたのですが、24日にどういった職業が『必要不可欠な職場』なのかのリストが出されました。

1. Supply chains
2. Retail and wholesaling
3. Food services and accommodations
4. Institutional, residential, commercial and industrial maintenance
5. Telecommunications and IT infrastructure/service providers
6. Transportation
7. Manufacturing and production
8. Agriculture and food production
9. Construction
10. Financial activities
11. Resources
12. Environmental services
13. Utilities and community services
14. Communications industries
15. Research
16. Health care and seniors care and social services
17. Justice sector
18. Other businesses
19. Business regulators and inspectors
Ontario:List of essential workplacesより抜粋

夫のイブちゃんはIT関係の仕事をしていて、てっきり必要不可欠じゃない仕事で自宅で待機になるのかと思っていたら、このリストに入っていて(6のIT infrastructure/service providers)、しかも急に国内でコンピューターのトラブルがあちこちで相次いで起きて、いつもより忙しくなっています。・・・多くの人は仕事を自宅ですることになるだろうに、なぜ??イブちゃんの仕事は暇になるんじゃないの??と私は首をかしげ、イブちゃんは苦笑い。。。

あと、3.のaccommodationsにホテルの運営も入ってくるのですが、うちの近所のホテルは既に営業を停止していました。
よく考えたら、ホテルを通常通り営業するのって、リスクがあるんですよね。お客さんのだいたいは海外か遠方から来るだろうし。そもそも今回の件でお客さんのキャンセルが多い中、数少ないお客さんの一人が実はコロナウィルスに感染してたってなったら、消毒作業も大変だろうし。営業停止は収入が無くなるけど、無理して営業して、余計赤字になるかもしれないならっていうホテルの決断はあるのかもしれないと、近所のホテルを眺めながら考えてました。

Advertisement

結局、お酒は必要不可欠・・・ではなくなりました。

ところで、前に書いたアルコールを取り扱うLCBOは25日の時点では営業停止にはしないけれど、30日の朝から休業にすると決めたそうです。(実質、29日の夜までの営業でおしまい。)

25日の朝から、他と同じように営業停止にしたら、多くの人が24日の夜に列をなして買い占めパニックが起きることを予想して、少し余裕をもたせたのかなと推測してます。
(もしくは、「アルコールは必要不可欠じゃない!こんなときに営業を続けるなんて」とクレームをつけた人がいたのかもしれませんが(・∀・;))

Essential businessとは生活に大きな不便をもたらすかもしれないもの

「こんなに不便な生活は、第二次世界大戦以来だ!」と言っていた人のことを思い出します。
でもよく考えたら、この制限された生活は限りがあることで、いつまでも続くのではなく、いつか終わりが来るもの。

Non-essential businessはとりあえず14日間営業停止にして、なるべく人が家に籠るように政府は促していますが、農業だったり、輸送だったり、スーパーなどのお店だったり、医療や介護関係のお仕事だったり、結構どの仕事も大事で、それが欠けると不便に感じるものが多いんですよね。

この大変な中、頑張ってくれている人たちに感謝です(*´∀人)

Advertisement

トルドーさんが演説の中で、切実に訴えてたのが忘れられません。
「この状況の中で働かなくてはいけない人たちがいる。その人たちにも家族がいるだろう。彼らが安心して働けるように、その家族へコロナウィルスの危険がいかないように、私はカナダ全国民を守らなくてはいけない。だから、皆さんには自宅隔離を守ってほしい・・・」

ドイツではコロナパーティなるものが若者たちの間で行われていましたね。
若い人たちには、この騒ぎは関係ないもののように思われがちですが、先日10代の健康な人が感染して亡くなっていますし、無症状でも感染していて、知らない間に周りへ移していることもあるようです。トルドーさんの声がカナダ全体へしっかり届くといいなと願わずにはいられません。

 

参加してます↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


国際恋愛・結婚ランキング

ブロトピ:海外情報