新型コロナウィルスの影響 in トロント(買い占めが止まらない!)

新型コロナウィルスの影響 in トロント(買い占めが止まらない!)

毎日、日本でもカナダでもニュースは新型コロナウィルスのことばかりな気がします。

日本で流行り始め、問題となっていた頃、カナダはまだ感染した人が2人とかで、こちらではラジオなどでは話題になるもののそこまでシリアスに捉えてる人はいないように感じてました。

ノンビリしてたカナダも、やるときはやる!?

が、12日にカナダの首相トルドーさんの奥さんが感染したことを発表。同時期に学校を始め公共施設(図書館やコミュニティセンター)、また公的機関(議会や裁判所など休めるところ)、他には、コンサートの休止のニュースはその前からチラホラ目にしていましたが、劇場、映画館、CNタワー、動物園、博物館、美術館、フィットネスジムなども休館することになりました。

実は16日から一週間、高校までの学校はマーチブレイクといって春休みの予定で、それを使って、もう一週間とりあえずお休みにするようです。

その一方で、カナディアンタイア(日本でいうイトーヨーカドーみたいな、色んな物が揃ってる大きなスーパー)や洋服屋さんなどは登録してある顧客のメールアドレスへ「私たちは消毒に心がけ、コロナウィルスが広がらないように清潔にしてます。いつでも来てください!(もしくはオンラインショッピングをぜひお楽しみください)」というアピールを一生懸命してきています。

どこが開いていて、どこが閉まっているのか・・・正直そこへ行ってみないと分からない感じですね。(電話するなり、サイトで確認する手もありますが・・・)

とりあえず、週末にダウンタウンへ行ったら、ある人気のパン屋さんは『コロナウィルスが落ち着くまでお店を閉めます』って張り紙が貼られていました。街も、いつもより出歩く人は少なく、なんだか閑散としていて、その様子がこれからのことに不安をかき立てられます。。。

コロちゃん(新型コロナウィルスに愛称をつけてみました。名前が長いので・・・)の猛威は留まるところを知らないって感じですよね。イタリア・スペインと、ヨーロッパに拡大して行ったところで、カナダの人の不安が大きくなったような感じがするんです。

買い占めはトイレットペーパーだけじゃないですヨ!

日本で話題になったトイレットペーパーの買い占め、3月に入ってからトロントでも耳にするようになりました。コストコでも土曜の午後にはもう売り切れていてビックリ。

そして14日の土曜日に、近所のスーパーへ食材の買い出しに出かけたところ、土曜日の午前中の時点で既にジャガイモと玉ねぎが売り切れ。(1個ずつ単品で売られてるのも、2LBなどの袋に入って売られてるのも、両方とも)きっと金曜日のうちに多めに買った人が多かったんでしょうね。いつもよりはレジに長めの列になってたものの、さすがに土曜日の午前中だけで買い占められるほど少なくないので。

他にも、赤ちゃんのオムツやオムツ拭き、ボディクリームに石鹸なども結構減っていました。あとはお肉類も!
もちろん冷凍食品は野菜とかの単品での冷凍物が品切れ状態でしたね。もちろんピザなどの温めるだけの物のもずいぶんと減っていましたが。あとは、なぜかピザに乗せたりするシュレッドチーズもほとんどなかったし、一部の牛乳は売り切れでした。

でも一番笑ってしまったのが、小麦粉類と砂糖が完売していること!
そんなに買って・・・家に籠ってマフィンでも作って飢えを凌ぐのかな?って想像したら、なんだかマメだなぁと呆れてしまって。

今のところ、イタリアなどと違ってスーパーは通常通り営業しているのだから、必要な分買えばいいし、心配なら一袋多めに買うだけでいいはずなのに、なんでしょうね。この心理。

数が残り少ないって思うと、買っておかないと欲しい時に手に入らなくなるって焦りが生まれるのかなと見ていて思いました。
そんなことを考えていたら、黒人のおばさんが店員さんに頼んで、小さな缶詰(たぶんトマトペースト)を全部買い占めてました。。。(この人、他の人のことを全く考えていないんだなぁ・・・)と呆れると共に、(あ、本当に一人で買い占める人って存在するんだ!!)と何か新しいモノを見かけた気持ちがしました。

面白いなぁと思うのは、トロントは色んな国から移住してる人たちが住んでる街なので、それぞれよく使う物がきっと違うんですよね。きっとある国の人には小麦粉がとても必要で、別な国の人・・・あの黒人のおばさんの場合はあの赤い小さな缶詰めが特別よく使うものだったんだろうなぁと想像してました。(でもジャガイモと玉ねぎはどの国の料理でも必ず使うんだと思うんです。だから完売したのかな、と。)

日本だったら何だろう?とりあえず、もうちょっと冷静になっていて、必要な物+1個くらい買うので落ち着いていそうな気がするのだけど。。。

かくいう夫のイブちゃんも、それに踊らされてしまった・・・

「小麦粉すら売り切れだったよー」と買い物から帰ってきて話をしたら、イブちゃんの心になぜか火がついてしまい、「売り切れる前にパスタを買いに行こう!」と別なスーパーへ買い物をすることに。

諸事情で、出かけたのは日曜の夕方だったこともありますが、既に安いパスタとパスタソースは売り切れ!
でもイブちゃんが好きなのはキヌアやヒヨコ豆で作られてるパスタなので、そういうのはあまり人気が無く(笑)、彼の思う存分買い溜めができました。

・・・でも、料理作る担当の私としては、そんなにしょっちゅうパスタ料理を作ってる訳では無いので、(こんなに買って、いつ消費し終えるんだろう??)というのが本音。賞味期限を確認しつつ、今後はパスタ料理がもうちょっと頻繁にしなきゃいけないのかぁと頭を抱えてるところです(あんまりパスタソースを美味しく作れたことが無いので、苦手なんです^^;)

一部のカナダ人はコテージへ避難してるみたいです

友人の友人の話ですが、その方はコテージ(別荘)を所有しているそうで、子どもも学校がしばらく休みになるし、安全のために別荘へ避難しようと思うと話していたそう。それを聞いて、食材の買い占め(小麦粉含む)はそういうことを考えてる人たちにより、品切れが色々出たこともあったのかなとちょっと納得していました。

自主的隔離、いいんじゃないでしょうか。しかも日常生活から離れて、ノンビリできて楽しそうだし。

でも、「WHOや政府がアナウンスしてくれている通り、手洗いをマメにして、人混みを避ければ、そこまで怖がることはないんじゃないかな??」と、どこかで(大げさだなぁ・・・)と思ってる自分もいたりします。。。ま、別荘を所有することのない、貧乏人のヒガミかな?^^;

何はともあれ、一日も早くコロちゃんの『活動』が終わり、以前のような落ち着いた生活がみんな送れますように。。。
疑心暗鬼になりながら人と接するだなんて、悲しいですもんね。

 

参加してます↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


国際恋愛・結婚ランキング

ブロトピ:海外情報