実際に私が最初に用意したもの。

      2018/02/03

あまりにも楽しみにし過ぎて、まず買ったものはオモチャ。

本来ならキャットフードやトイレを買うべきと分かっていつつも、当時はまだ具体的な引き取りの日程が決まっていなかったのため、どんなキャットフードを食べてるのか聞くのはまだ早いと思って聞かずにいました。(今考えたら、生後3か月と4カ月の違いであれば変わらなかっただろうと思うのですが・・・)

それでも何かキサにしあげたくて、百円ショップ(トロントにはDollaramaという$1ドルショップがあります)で思わず買ってしまったのが、トンネルのおもちゃとキャットニップを鳥のお腹にいれるぬいぐるみ。あとはペットショップでおやつも買っちゃいました。

こんな感じの、安い素材で作られた1mも無いくらいの小さなトンネルです。我が家にきた初日は遊んでいたのですが・・・一週間もしたくらいからほとんど遊んでくれなくなりました。

 

母性があふれて、ぬいぐるみまで作っちゃいました・・・。

あとは、キサが来るのが待ちきれなくて、ぬいぐるみを作ってました。

猫がぬいぐるみをケリケリするのって可愛いですよね。キサがそんな風に遊ぶ姿が見たくて全長20cmくらいのクジラを作りました。生地は綿麻の帆布で少し頑丈に。あとは、キサがリボン系のおもちゃに良く反応すると聞いていたので、クジラとは全く関係がないけれどリボンも色々つけました。小物づくりを仕事にしているので、余りものの生地とリボン、あとプレゼントとかについてたリボンなども使ってみました。キサが遊んでいるのを見て思ったのが、布系のリボンがのちのちほつれてくると、それを食べてしまう心配があります。(一度、クチャクチャしているのを見て、リボンのほつれた部分を引っ張り出したことがありました)ほつれにくさ、キサが遊びたくなる様子を見ていて、5mm幅のサテンのリボンが一番いいようです。

そういえば、私が想像していたクジラへケリケリは最初の一週間くらいだけでした。その後は、こんな風に工夫してみました。

椅子は傷をつけられても構わないと思ってるから、すでに椅子すらオモチャになってるところがありますね。。。隙間にリボンが垂れるようにしておくと、キサは下から横から、なんとかこのクジラを落とそうとしばらく躍起になって過ごしてくれます。

あとは洋服についてた皮でできてるっぽいタグを椅子にぶら下げてます(笑)貧乏くさいけれど、これがキサの心を揺さぶるようで、なんとか椅子から取ろうと頑張るんです。絶対に無理だけど。。。

 

<Sponsored Link>

 

 意外に材料費のかからない物が喜ばれてる?

キサの好きな物、ベスト3は

1. ビニール袋を丸めたやつ

特に右の白いビニール袋がお気に入りで、ベッドの下に隠して置き、たまに自分で持ち出して遊んだりしてます。ちなみに左のビニールはちょっとしっかりした材質のためか、嫌いじゃないけど白いボールの方が好きっていう感じのようです。

2. 松ぼっくり

近所の公園などで落ちてるのを拾ってきて、熱湯消毒後、乾燥させてから遊ばせてます。たぶん大丈夫だと思うけれど、虫が出てきたら私が嫌なので。。。カラカラカラ~と音をずっと鳴らしながら、廊下をよく走り回ってます。

3. 百均で買った鳥にリボンを括り付けたもの

こんな感じです。吊るすとちょっとかわいそう・・・。

でも、食いつきがすごいんです!写真を撮ろうとドアノブに括り付けたら、すぐに寄ってきました。

気分は釣りをしてる感じです。時間があれば私も立ち上がって、躍動的に(?)鳥を動かし、キサが疲れるまで一緒に遊びます。

『仔猫は10分くらい遊んだら疲れます』なんて記事を何回か見かけたので、10分だけだからキサに付き合おうと思って頑張るのですが・・・少なくともうちの子はスタミナがずいぶんとあるようで、10分以上駆けずり回ってます。この、鳥のおもちゃはリボンがキサの首や足にまとわりつくこともあるので、私がいないときは念のため片付けているのですが、その袋をカサカサと触って「まだ遊びたい」と意思表示を見せるんです。しつこい・・・しっかりとした子です。

 

<Sponsored Link>

 - , , ,