トロント

2/6ページ

最近のトロントでの出来事。

ちょっとだけ触れたいと思って写真も撮っていたのに、なかなか区切りがつかずにいたので、もう諦めてトロントのエリア紹介の間にこの記事を入れちゃいます(笑) Chinese New Yearをしっかり祝う、トロント 今年は2月16日に中国と韓国では旧正月をお祝いされていましたね。トロントでは中国や韓国から来た人たちが多いからというだけでなく、移民が集まってできた国だから色んな文化を受け入れようという考えの元、スーパーやモールなどでも旧正月を祝うデコレーションをされているのかなと私は思っています。 今年 […]

湖だけど葉山みたいな雰囲気の、ハーバーフロント。

トロントは、五大湖の一つとされるオンタリオ湖に接しています。その水辺は『ビーチ』と呼ばれ、泳いだり、ヨットを楽しんだり、海で楽しめるようなことができます。ハーバーフロントはオンタリオ湖に面してるカナダ側の場所の中で最も栄えていて、泳ぐというよりは水面を眺めてリラックスしたり、ヨットを所有している人はヨットを楽しんだりしてします。夏になると毎週末、何かしらイベントがあって面白いです。冬はスケートリンクができて、ノリノリな音楽が流れ、寒い湖を眺めながらスケートも楽しめます。 昨年はカナダ創立150周 […]

実は美味しいラーメン屋さんもある、リトルイタリー。

リトルイタリーはカレッジ通り沿いで、バザスト通りからオジントン通りにかけてのエリアのことを指します。リトルイタリーというくらいだからイタリア系カナダ人が多いですが、それでもポルトガル系やラテン系カナダ人も多くいて、レストランがチラホラあります。今回はオススメのイタリアンレストランではなく、斜め上を行った感じにイタリアンレストランじゃないところを紹介したいと思います。   初デートにぴったりないい雰囲気のレストラン、Kalender カレンダーというレストラン。ここを知ったのは、元カレだ […]

横浜の赤レンガ倉庫みたいな、ディスティラリー地区。

トロントにも、横浜にある赤レンガ倉庫のような場所があります。そこは、ウィスキーの醸造所の跡地を再開発した歴史地区で、1988年には、カナダ国定史跡として指定されています。現在、建物の中には50以上のお店やレストランが入っており、建物の雰囲気を眺めたり、お店でお土産を買ったりして、なかなか楽しめる場所です。 今回は、ここに来たら必ず自分が訪れてしまう大好きな場所をいくつかご紹介したいと思います。   トロントで生まれたチョコレート屋さん、SOMA chocolate 以前、『日本とは違う […]

ゲイに優しいエリア、チャーチストリート。

トロントはエリアによって特徴を持つところが多く、例えばチャイナタウンやコリアンタウンを始め、グリークタウン(ギリシャ)やリトルイタリーなど、ある国の人が多く集まっているエリアをその国の名前で呼んだりしています。他にはビジネス街だったり、日本でいう銀座のようなオシャレでお値段高めなブランドが並んでいるエリアもあります。トロントにしばらく滞在するならもちろんのこと、観光で来られたときに「ここをぜひ見てみたい」というのがあればもっと充実時間を過ごせるはずです♪そこで、これからしばらくトロントの街の特徴 […]

カナダ版サファリパーク『アフリカン・ライオン・サファリ』

雪が積もっているし、寒いしで、なんだか外出する気になれません。。。毎日夕食の買い物やら病院へ行ったりはしているのですが、どこかへわざわざ遊びに行こうという気になれないのはナマケモノ病にかかっているせいでしょうか。 トロント動物園にいるパンダが雪で楽しく遊んでいる中、本来なら暑いところに住むだろう動物はこの雪が降り続く中どうなっているのか気になっている今日この頃です。   車で周遊しながら動物を観察する『アフリカン・ライオン・サファリ』 トロントから車で一時間半ほど行ったところにアフリカ […]

日本とは違う、カナダのバレンタインデー。

まもなくバレンタインデーですね♪きっと今週末は多くのお店でバレンタインデー用のプレゼントを販売し、賑わっていることと思います。 こちらはここ一週間ほど、雪が降ったり止んだり、降って降って降って・・・という感じで、ちょっとすっきりしないお天気です。     外は寒いけれど、せめて心は温かく♡ということで、カナダのバレンタイン事情について紹介したいと思います。   バレンタインデーのプレゼントは男性が用意するもの。 もしかしたら、既に耳にしたことがあるかもしれません。バレンタインデーでチョ […]

カナダ人の女性は強い。

カナダ人は男女問わず、おおらかで、親切で、楽観的な人が多いと思います。ただ、そうは言っても、カナダ人女性を落とす男性はとても気を付けて接しなくてはいけません。なぜなら、ここでは男性は女性より、ある意味弱い立場にあるからです。 つまり、カナダ人の女性は強いんです。   警察は女性の言うことをまずは信じる。 以前、イブちゃんと夜中にダウンタウンをドライブしていたときに、若い女性がとても短い丈のスカートを履いて、とても肌を露出した感じで一人で歩いていたんです。きっとクラブへ行く途中か、帰り道 […]

1 2 6