仔猫の里親になって知ったロシア人夫の変な常識。黒猫キサを守るため、ペット初心者なお世話係が奮闘中!

カナダ人の『スケート愛』が半端じゃない。

2018/02/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
2012年にカナダに来て、カレッジ卒業後はBakerとして働いていました。トロントにて、ロシア人の夫と義父との三人暮らしだったところ、2017年12月から黒い仔猫の里親になりました。初めてのペットに、ニヤニヤが止まりません♪

カナダ人は本当にスケートが身近にあるんだなぁと感心した記事があります。

それがこちら↓

blogTO: New skating trail north of Toronto comes with a great viewです。(記事の写真を押すと、元の記事へリンクします。)

トロントから車で北上すると、2時間半もしないでBlue Mountain Resortというちょっと大きめなスキー場に着きます。この記事によると、このリゾート地で新たに、山の中をスケートで散策するというアトラクションを作ったようですね。距離は1.1km、滑り切ったあとにはホットチョコレートやホットドックが用意されているという、至れり尽くせりな感じ。料金は大人が$16CADなので、だいたい1450円くらいかな。一番の売りはスケートで山の中の雪景色を十分に堪能できるということ。

たしかに、普通なら長方形だったり楕円形だったりするスケートリンクをぐるぐる回るだけに比べたら、とても楽しそうな感じ!でも、$16は高いのか安いのか・・・。面白いことを思いつくなぁと感心するとともに、公共のスケート場が無料なのを考えると、もっと安くてもいいんじゃないのかなと考えちゃったりします。でも、山の平らではない道のりを1km以上も水を撒いて氷にしてって作業をしたのだから、やっぱりこのくらいの値段設定が妥当なのかも。

私はコロンコロン転がってしまうし、イブちゃんもロシア人なのにスケート滑れないそうなので、たぶん一生、このアトラクションは体験しない気がします(笑)3歳くらいからスケート教室に通って滑り方を教わってる人が多いカナダ人には、きっととても画期的で楽しいと思います!

それにしても、スケートをすいすい滑れる人が本当に羨ましいです。スケートって普段使わない筋肉を使うから、スタイル良くなれるらしいんですよね。。。実は一昨年、人があまりいない時間帯に公園へ行って、スケートの練習を一人で頑張ったのですが、捕まる手すりがないので(壁はあります)、バランス崩すとコロンと頭を打つことが何回かあって、それを見ていたらしいアイスリンクを管理してるおじさんが「無料だからヘルメット使って!ついでに歩行器(?)も使って!!」と心配して言ってくれたのを今でも覚えています。ヘルメットは子どもが使う物というイメージがあったので、恥ずかしくて付けたくなかったのですが、3回目に転倒したとき後頭部を派手にゴンと打ち付けてしまって、痛かったし恥ずかしかったんです。でも、恥ずかしいなんて思っている場合じゃないと反省し、ヘルメットと歩行器を借りたのでした。ちなみに歩行器とは、小さな子どもが使う独立型の支えてもらえる道具のことで、見た目は高齢の方が使うような歩行器に似ています。その後、イブちゃんに出会い、彼もスケートが得意でないと知り、安心して自主練するのを辞めてしまいました(笑)憧れはあっても、スケートを滑る才能が無いと思ってます。。。

 

<Sponsored Link>

 

今日のキサ。

どこの猫もそうなのでしょうか・・・。キサは高い確率で、半分目を開けて寝ているか、もう白目むいちゃって寝ているときもあります。最近は多少揺らしても目を覚まさないくらいまで熟睡しているときがあるのですが、そんな状態なときに熟睡されると、具合が悪いんじゃないかとちょっと心配になるのです。しかも夢を見てるのか、フルフルって手足が震えるときもあって、不安になります。。。

でも。ノビーっとして寝ているのを見てると、やっぱり癒されますね!

(最近、かなり昼夜逆転気味で、日中寝たいだけ寝かせるのもちょっといけないのかもと思案中です・・・)

 

<Sponsored Link>

この記事を書いている人 - WRITER -
2012年にカナダに来て、カレッジ卒業後はBakerとして働いていました。トロントにて、ロシア人の夫と義父との三人暮らしだったところ、2017年12月から黒い仔猫の里親になりました。初めてのペットに、ニヤニヤが止まりません♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 黒猫vsロシア人夫 -身内に敵あり- , 2018 All Rights Reserved.