仔猫の里親になって知ったロシア人夫の変な常識。黒猫キサを守るため、ペット初心者なお世話係が奮闘中!

猫を飼いたい。

2018/02/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
2012年にカナダに来て、カレッジ卒業後はBakerとして働いていました。トロントにて、ロシア人の夫と義父との三人暮らしだったところ、2017年12月から黒い仔猫の里親になりました。初めてのペットに、ニヤニヤが止まりません♪

いつか、猫を飼いたい

子どもの頃に猫を飼っていた夫は、子どもができたら情操教育に良いだろうから動物を飼いたいと言っていました。子どもの頃に動物を飼いたかった私は、住んでいたマンションのルールでダメだった分、いつか大人になったら犬か猫を飼いたいと憧れてました。憧れていたけれど・・・実際、社会人になってからは海外旅行など長期で家を空けられなくなると思うとその一歩を踏み出せず、猫を飼っている方のブログなどを読んで、癒されてました。

車で2時間行ったところに住む姉の家には大きな犬と二匹の猫がいて、たまに夫婦で遊びに行くと、犬の無邪気なところを可愛いと思いつつ、猫のツンデレ(どちらかというとデレデレ?)にもニヤニヤです。

姉のうちの猫たちです。左が男の子でとてもデレデレ。右の女の子はツンデレな感じ。女の子は声にドスが効いてて、目も結構座ってる感じが多いし・・・この家では彼女がボスなんだねって思ってます。

男の子の、この顔!可愛いなぁ♪彼は人が大好きで、とにかくストーカーのように追いかけてきて、構ってほしいアピールがすごいです。そして、真面目な顔をしているときはちょっと野性的な男性って表情が見えてカッコいいんです。(でも75%はデレデレ顔・・・)この子のおかげで、猫が大好きになりました!

 

急に話が具体的になる

10月の始め、いつものように夫のイブちゃんと「いつか猫を飼いたいね~」と実現しなさそうな夢を語っていたとき、「もしお父さんがOKしてくれたら、飼ってもいいよ」と言いだしました。よくよく考えたら、借りてる家はオンボロ一軒家なのですが、ほとんどの家具は前に住んでた方から譲り受けた物で爪を研がれても気にならないし、私たちがこの家を出ていく日が来るとしたら、それは建て直すときだろうということに、気づいちゃったんです。

そこで、相談するチャンスを狙い、感謝祭のディナーを一緒に食べていたときにお義父さんに聞いたら、意外にも二つ返事でOK!

そうとなったら、どうやって猫を手に入れるかが次の課題になりました。

 

<Sponsored Link>

 

里親になるか、ペットショップで買うか

愛読していたブログ『こはる日和.』のろーずまりーさんが、猫をシェルターから引き取って里親が見つかるまでお世話されたり、野良猫の去勢をしてこれ以上殺される命を増やさないようにされたりしているのを知って、「いつか私も里親になって、少しでも役に立てたら・・・」なんて考えてました。あと個人的に、命を買うというのに、なんだか抵抗を感じるんです。イブちゃんは子どもの頃、猫をどこかからもらってきたらしく、どこかで買ってくるという概念がありませんでした。夫婦揃って、特定のタイプの猫が欲しいというのが無かったので、自然とシェルターの猫を引き取ろうかという流れになったんです。

*シェルターから引き取るか、ブリーダーさんから買うか、ペットショップで買うかは人それぞれだと思います。こだわりの無かった私たちはどんな子でもよかったのでシェルターを選んだだけです。買う行為が悪いと言っている訳ではありませんので、そのようにご理解いただけたらと思います。

 

<Sponsored Link>

この記事を書いている人 - WRITER -
2012年にカナダに来て、カレッジ卒業後はBakerとして働いていました。トロントにて、ロシア人の夫と義父との三人暮らしだったところ、2017年12月から黒い仔猫の里親になりました。初めてのペットに、ニヤニヤが止まりません♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 黒猫vsロシア人夫 -身内に敵あり- , 2017 All Rights Reserved.