仔猫の里親になって知ったロシア人夫の変な常識。黒猫キサを守るため、ペット初心者なお世話係が奮闘中!

相変わらずの日本ブームをトロントにいて感じます。

2018/02/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
2012年にカナダに来て、カレッジ卒業後はBakerとして働いていました。トロントにて、ロシア人の夫と義父との三人暮らしだったところ、2017年12月から黒い仔猫の里親になりました。初めてのペットに、ニヤニヤが止まりません♪

先月、金色不如帰がトロントにオープンしました。

実はお店が来るまで知らなかったのですが、金色不如帰とは幡ヶ谷にあるラーメン屋さんです。店内で見たメニューによると蛤ベースのスープが自慢のようです。たしかにお店に入ったとき、魚介類の匂いがプワ~ンと漂ってたんですよね。トロントの北に位置するノースヨークには何軒か、美味しい日本のラーメン屋さんがあるのですが、どれも豚骨味なので、この金色ラーメンは新鮮でした。

トロントではKonjiki ramenと名乗っています。(お店の名前を押すと、お店のサイトが開きます。)オープン前の宣伝で、東京ミシュランのビブグルマンに選ばれたとあり、実はイブちゃんと二人で今か今かとオープンを心待ちにしていたんです♪12月後半になって、やっとお店がオープンし、一か月も経っていないのに、既に二回も行ってしまいました。(そしてがっついて食べるから、写真なんていつも撮るのを忘れちゃうのです・・・)日本の金色不如帰には豚骨スープのラーメンはあるのかな?こちらは醤油豚骨、ガーリック豚骨、辛い豚骨と三つの味に加えて、たぶん日本では定番の醤油味と塩味があります。イブちゃんはこの塩味ラーメンが大好き!シーフードの香りが漂って、いいんです♪私は辛いのが好きなので、辛い豚骨スープにハマっています。

トロントにはラーメン屋さんがたくさんあります。2012年に私はトロントに来たのですが、その時点でも日本人が作っているラーメン屋さんもありましたが、どちらかというと中国人や韓国人が日本のラーメンを作っているイメージが強かったです。でも今は、山頭火も来ましたし、三草亭も日本で食べるラーメンと同じレベルで、日本が恋しいときにはすごく助かります。日本のラーメンの味を提供してくれるところが本当に増えていて、あ、居酒屋さんも増えていて、トロントに日本のブームが来てるなぁとしみじみ感じるんです。

ところで、トロントには沖縄のソーキそばが食べられる居酒屋Ryojiというところがあるんです。ここは沖縄料理はもちろんのこと普通のラーメンから沖縄風ラーメンまで食べられる素敵なレストランなのです!うちからは遠いのでなかなか行けないのが残念ですが、こうやって考えるとトロントに住んでいても、あんまり不自由しないかも?という錯覚が起きたりしますね。

トロントからずっと離れた小さな街に住んだりすると、きっとこうはいかないです。もっともっと、韓国人や中国人のオーナーがやってる感じの、街にはなんちゃって日本食レストランが多いんです。やっぱり味は違うし、メニューもオーナーの母国の料理が入ってるから、一目瞭然なんですよね。それはそれで、美味しかったりするんですが。でも、日本の味が恋しくなると、私の場合はラーメン屋さんに行っちゃいます!

 

<Sponsored Link>

 

キサと私の、奇妙な儀式が先週の木曜から始まってます。

私がキッチンでお茶を入れて戻ってくると、ちょっと我が物顔で毛づくろいとかしちゃって、私の椅子を返してくれないキサ。

実は木曜の夜から、キサが夜中に「ヒーン、ヒーン・・・」と悲しそうな声でリビングにて私を呼ぶんです。一番最初は何かに挟まったのかと心配して駆けつけたら、テーブルの下で縮こまってるキサを発見。どうしたのかと思って声をかけると、おもむろにトイレの中をチェックしつつ入り・・・便を出してる!そして、それが終わるのをじっとそばで待つ私。「ナニコレ。何かの儀式?」って思いました。

それで終わればよかったのですが、金曜の夜も同じような展開に。そして土曜の夜までもわざわざ私を呼んでから便をしてくれる、何かのショー。シュール過ぎる・・・。前向きに彼女の学習能力の高いと考えれば、きっと彼女のトイレを掃除するのは私だから、私がすぐに掃除できるように前もって呼んでいるのかもしれない・・・と考えらえれないこともないのですが。もー、なんなんでしょうね。

キサ、悪いけど、私はそういう趣味アリマセン!わざわざ見せてくれなくて、いいんだからね?

 

<Sponsored Link>

この記事を書いている人 - WRITER -
2012年にカナダに来て、カレッジ卒業後はBakerとして働いていました。トロントにて、ロシア人の夫と義父との三人暮らしだったところ、2017年12月から黒い仔猫の里親になりました。初めてのペットに、ニヤニヤが止まりません♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 黒猫vsロシア人夫 -身内に敵あり- , 2018 All Rights Reserved.