仔猫の里親になって知ったロシア人夫の変な常識。黒猫キサを守るため、ペット初心者なお世話係が奮闘中!

留学/ワーキングホリデーを決めたらすぐに始めたい、2つの準備。

2018/02/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -

留学/ワーホリを決意したら、まずはお金をできる限り貯めましょう!

留学/ワーホリの前に、もう一つ英語と同じくらい準備が大切なのが貯金です。「そりゃそうだ!」と突っ込まれそうですが、日本にいる間に少しでも多くお金を貯めるに越したことはありません。

私はワーホリができる年齢では無かったので、語学留学が目的でカナダに来たというのもあってお金をカナダで稼ぐことは諦め、貯金でなんとかするしかありませんでした。たしか300万円くらい、いざという時の為に貯めていたのがあったので、全部使いきるつもりはなくても、自分の学びたいと思うことを学べたし、ケベックなどにも旅行ができました。カナダへ来て一年経ったときに、カレッジで自分の興味のあることについてもっと学んでみたいと決めたときにはさすがに授業料と生活費でこのお金のほとんどを使いきることに不安を感じましたが、当時の法律ではたしか半年カレッジに通ったら働けるようになっていたので、そこからバイトを授業の無い日にやったりしていました。(今は学校が始まったらバイトもできるように法律が変わったと記憶しています)カレッジに通うと決めてからは特に、贅沢しない生活でしたが、それでも栄養ある食事もできていたと思います。

「貯金あまりないけど、ワーホリだから大丈夫!」そう思って来る方もいると思います。それもきっとありです。カナダでサバイバルのスキルを磨き、さらに自分に自信が持てるようになるかもしれません。

でも、カナダにいる間に旅行へ行く人は結構多いのも事実です。というのも、トロントからだと、ニューヨークは飛行機で約1時間半、バスなら格安なチケットが手に入れば往復$20で、片道10~12時間で行けちゃいます。またキューバへは飛行機で3時間くらい。日本よりずっと近くなんですよね。それからケベックシティは、飛行機ならこちらも1時間半、電車ならモントリオールで乗り換えて待ち時間込みでトータル13時間、バスならモントリオールまで6時間くらい・・・そこからケベックシティへ行くとしたら、とりあえず電車以上には時間がかかりますね。他にも、イエローナイフへオーロラを見に出かける人もたくさんいました。「日本へ帰る前に・・・」「せっかくだから、今だからできることをしたい」という好奇心を、お金が無いからという理由で諦めるなんてもったいないです!一生に一度しかないことだと思うので、カナダに来るときには忘れられない思い出をたくさん作ってほしいなと思います。

 

↓ちなみにお金はこのカードに入れて、カナダのATMから引き落として使っていました↓

大金を持ちあるくのもスーツケースに現金をそっと潜ませておくのも、やっぱり心配だったので、NEO MONEYというカードを利用していました。これは日本でお金を入金しておき、現地のATMからこのカードを使って現地の現金を引き落とすことができるんです。カナダだけではなく世界各国で使えるので、海外旅行にも使えて便利だなと思ってます♪

 

料理の練習をしておくこともオススメします。

こちらに来ると、なかなか食べられないと思うから余計に和食を食べたくなる時があります。最近では以前紹介したような日本で食べるような美味しいラーメン屋さん相変わらずの日本ブームを感じます。が増えてきたし、お魚が食べたいときはAll You Can Eat(食べ放題)のお寿司を飽きるまで食べたりもできるので、『日本食食べたい欲求』はなんとかなります。でも、ちょくちょく外食したらお金がもったいないですもんね。

幸い、ダウンタウンには中国系のスーパーや韓国系のスーパーがいくつかあるので、そこでニラや長ねぎ、白菜などのアジア系の野菜や、麺類やカレーのルーなどの食品を手に入れることができます。今のところ、乾燥ひじきや切干大根、大葉を私はこういったスーパーで見つけられないでいますが、日系のスーパーがダウンタウンからずっと離れたところにあり、本当に必要なときはそこへ行けば手に入れられると思います。

いくつか簡単な料理が作れるようになると、『日本食食べたい欲求』が多少抑えられるし、自炊できるので節約にもなると思います。トロントなら、味噌や米も売っているし、蕎麦やうどん、麺つゆだってあります。材料はだいたい揃えることができると思うので、自分である程度作れるようになっているといいですよね。ちなみにイブちゃんは簡単なサラダと、野菜が何種類か入ったスペイン風オムレツ(彼はそれを「お好み焼き♡」と呼んでます・・・)と、電子レンジで作るなんちゃってピザが作れます。こちらで外食すると、お肉料理にポテトフライという組み合わせが多いので、野菜がたくさん摂れるような料理を色々練習しておくと、こちらで健康的に過ごせるかもしれません。

 

<Sponsored Link>




 

今日のキサ。

実は今日、キサの『お腹を出して寝てても気にしなくなった記念日』なんです♪

いつもはこの体勢のときに可愛くて写真を撮ろうと近づくと来るんとアンモナイトのように丸まって、お腹の写真を撮らせてくれなかったのですが、携帯のカメラはそんなに怖くないというのがわかってきたようです。

こんな感じに、キチンと前足と後ろ足を合わせ、尻尾だって中にしまっちゃいます。か~わいいな~♪

寝てるときは天使ですが、相変わらずカジカジと腕やら膝やら噛んでくるのが好きなキサ。始めは彼女の中でも遊びでやっているのですが、結構すぐに本気モードになって、しつこく、しつこく、しつこく、噛んできます。本気モードになると彼女もたまに手加減忘れてしまうのでホントに痛いので、ふざけて彼女の尻尾を彼女の口の方に持って行ったら、思わずカプッと咥えちゃって、そのあと「あっ・・・」みたいな顔していたので、ちょっとビックリしたようでした(笑)これで、痛みの加減を覚えてほしいです・・・。

 

<Sponsored Link>

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 黒猫vsロシア人夫 -身内に敵あり- , 2018 All Rights Reserved.