仔猫の里親になって知ったロシア人夫の変な常識。黒猫キサを守るため、ペット初心者なお世話係が奮闘中!

湖だけど葉山みたいな雰囲気の、ハーバーフロント。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2012年にカナダに来て、カレッジ卒業後はBakerとして働いていました。トロントにて、ロシア人の夫と義父との三人暮らしだったところ、2017年12月から黒い仔猫の里親になりました。初めてのペットに、ニヤニヤが止まりません♪

トロントは、五大湖の一つとされるオンタリオ湖に接しています。その水辺は『ビーチ』と呼ばれ、泳いだり、ヨットを楽しんだり、海で楽しめるようなことができます。ハーバーフロントはオンタリオ湖に面してるカナダ側の場所の中で最も栄えていて、泳ぐというよりは水面を眺めてリラックスしたり、ヨットを所有している人はヨットを楽しんだりしてします。夏になると毎週末、何かしらイベントがあって面白いです。冬はスケートリンクができて、ノリノリな音楽が流れ、寒い湖を眺めながらスケートも楽しめます。

昨年はカナダ創立150周年だったため、大きなアヒルちゃんがハーバーフロントにやってきました。それを見に来るたくさんの人たち・・・。自分もそうだけれど、ただアヒルちゃんを眺めるためにわざわざここまで足を運ぶだなんて、平和ですよねぇ(笑)

今回は湖だけど「ちょっと葉山みたいなリゾートっぽい海のそばの雰囲気」を味わえるハーバーフロントのお店を紹介します。

 

Harbourfront view

Photo courtesy of Tomash Devenishek

 

オタワ生まれのカナダ名物、ビーバーテイルズ

Three BeaverTails pastry flavours

Photo courtesy of BeaverTails 

カナダの首都オタワ発祥のビーバーテイルは、平たい揚げパンに様々なトッピングをのせたものです。形がビーバーの尻尾に似ているところから、名前が来たようです。

もともとは、オタワのスケートリンクにお店を出したところ、寒い冬に飲むホットチョコレートのお供として人気が出て、カナダ全土へ展開したそうです。今ではトッピングも趣向を凝らしたものが多くなり、チョコレートソースや果物をのせた甘い物系から、チーズやハムなどを乗せた軽食系など、バラエティに富んでいます。

Cedar Point BeaverTails (4232)

Photo courtesy of Gregory Varnum

このロゴが元祖のお店で、名前が『ビーバーテイルズ』と言います。トロントのお店は建物の中にあります。もし、このロゴのお店を見かけたら、ぜひ試してみてください!

 

夏はここから湖を眺めてビールが飲みたい!The Goodman Pub & Kitchen

トロントの夏は過ごしやすいです。日差しが強くて、長時間外にいるときにはサングラスが必須ですが、30℃を超える暑さでも湿気はなく、冷たい風も吹くので、気持ちいいくらいなんです。そんなに過ごしやすいと、やっぱり外で過ごしたくなりますよね。でも、公共の場でお酒は飲めない法律なので・・・

 

こんな風に、お店のパティオエリアで飲むのが人気です。特に、ここなら湖を眺めながら、涼しい風を感じることができちゃう!いいじゃないですか~♪

ちなみに店内はこんな感じ。アメリカ西海岸風・・・で、いいのかな?

外で過ごせる時期になると、この辺りのバーのパティオはいつも混んでいます。並んで入ったり、諦めて屋内で席を取ったり。なかなか希望の席にすんなりとは座れないほど人気なんです。でも、もし良い時期にトロントに来たら、ぜひ外のパティオでご飯を体験していただきたいです。すごくいい気分になれますよ♪

 

お酒も飲める美味しいコーヒー屋さん、Boxcar Social in Harbour front

オンタリオでは、お酒を扱うお店はライセンスを取らないといけないため、多くのカフェはお酒を扱っていません。でも、ここは違います!このハーバーフロントのお店は三番目の支店だと思うのですが、お酒を扱い、夜遅くまで過ごせる数少ないカフェの一つです。(そしてコーヒーも美味しい!)Boxcar Socialは店内の雰囲気も良いので、デートにもピッタリな場所なんです♪

冬の間はお客さんが少ないからか、この場所を使って結婚式も挙げられるようです。

これは夏の日のパティオですね。湖が近いので、蚊に刺されやすい気もしますが、でも夜風に当たりながらゆっくりと過ごす時間・・・この近所に住んでいたら、しょっちゅう通ってしまいそうな気がします。

 

ビール醸造所もダウンタウンにあります、Steam Whistle Brewing

今では地価が高くて、なかなか家やマンションの一室すら買うのも難しい状況なのに、とても良いロケーションで広い敷地を利用したビールの醸造所があります。その名も、Steam Whistle Brewing。

Toronto Railway Museum August 2017 12

Photo courtesy of Arild Vågen

ここではビールの製造見学が出来て(お土産付き・有料)、見学中に瓶ビール一本と、見学を終えたところでもう一杯ビールを試飲できます。味は日本のビールととても近い、ラガービールです。

場所はちょっとハーバーフロントから離れていて、どちらかというと、CNタワーや水族館に近いです。英語の説明は早口で、私にはほとんどわからなかったですが、雰囲気は楽しめます!(笑)

 

もう一つのビール醸造所、Amsterdam Brew House

ハーバーフロントにはもう一つビール醸造所があります。Amsterdam Brew Houseはどちらかというと、ビールの醸造しているタンクは端っこに並んでいますが、バー&レストランです。座席数が多いし、ビールの試飲セットみたいなのもあって、チキンウィングなどをつまみながらゆっくり過ごすことができます。

Steam Whistle Brewingは一種類だけを製造しているようですが、こちらはバリエーション豊かで、選ぶのも楽しいです。そして何よりうれしいのは、ここにも湖を眺めながら過ごせるパティオがあるんです。特に夜は、船に取り付けられたイルミネーションの光が、なかなかロマンチックな雰囲気を醸し出してくれます♪

 

新しいタイプのトロント流ゲームセンター、The Rec Room

日本でよく見かけるゲーセンを、あまりトロントでは見かけません。ナイアガラの滝の近くにある商業用建物の中に誰も遊んでいないような寂しい雰囲気のゲーセンを見かけたことはありますが、トロントでは少ないと思います。

そんな中、偶然入った建物の中にあった、The Rec Room。ゲーセンに関してはトロントは後進国なのか・・・それともこれが時代の最先端を行くゲーセンのスタイルなのか・・・。

店内はとても広いです。そのうちの半分は飲食スペース。

一部はバーになっていて、スポーツ番組を観戦しながら飲むことができます。

また、大きく食事ができるスペースが作られていて、普通に食事を楽しめます。

私たちがここで食事をしたときは、$30だったか、ある金額以上の飲食をここですると、$10前後のゲーム無料券(?)がもらえるようでした。イブちゃんも私も、あんまりゲーセンに興味が無かったので、ビール一杯とおつまみだけで終わらせてしまいましたが。

全体の半分がゲーセンのスペースです。車を運転して競争するレースタイプのゲーム(実況中継を係の人が担当します)や、クレーンゲームなどもあったりして、眺めていて面白かったです。

 

<Sponsored Link>

 

今日のキサ。

久しぶりのキサです。先週、イブちゃんの親友が仕事でトロントへ一週間ほど滞在したのですが、その親友くんのイベントに行ってきました。場所がなんとポルトガル領事館とのことだったので、イブちゃんも私も珍しくフォーマルなオシャレをバタバタとしていたところ、ふと気づいたらキサが靴箱の中にうまく収まってて、吹き出しました。

伝わりますか?この、ちょっといたずらしてワクワクしてる表情が・・・。

澄ました顔して、絶対出てこようとしなかったキサ。・・・可愛かったです。もう、ズキューンと来ました(笑)

実はこの親友のお相手をほぼ毎晩のようにしていたら、キサなりにストレスを感じたようで、最近はしなかった「あえてトイレのすぐそばでウンチをする」抗議を二日続けてしてきまして・・・。結構、精神的にきますね、これ。下痢便とかでなかったから、掃除は簡単でしたけれど。

対策として、前からキサが好きじゃなかった松のチップをできる限り取り除いて、普通の猫砂の割合を多くしたら、次の日はどちらのトイレも使っていました。(それまでは9割松チップのないトイレを使っていました)あとは彼女が望んだ時に、五分くらいでも、以前のように一緒に遊ぶようにも気を付けたのがよかったのかも。最近は一人で遊び、駆け回っていたのであんまり遊び相手にならなくても良かったと思っていたのですが、彼女なりに我慢してたのかなと思ったりしています。もしくは、反抗期?!猫にも反抗期ってあるのかしら?日々変化があるとは言いませんが、週単位、月単位で振り返ると彼女の遊び方や過ごし方なども変わっているので、身体だけでなく、心も成長しているのかなと見守っているところです。

 

<Sponsored Link>

この記事を書いている人 - WRITER -
2012年にカナダに来て、カレッジ卒業後はBakerとして働いていました。トロントにて、ロシア人の夫と義父との三人暮らしだったところ、2017年12月から黒い仔猫の里親になりました。初めてのペットに、ニヤニヤが止まりません♪

Comment

  1. ume より:

    オンタリオ湖、気になってたので、取り上げてくださって嬉しい!やっぱり海みたいに大きいんですね〜(^ ^)

    ビーバーテイルズは、すみません、ミトコンドリアみたい…って思っちゃいました( ゚∀゚ )

    Boxcar Socialはオシャレ!ほかのお店もみんな素敵ですよね。カナダの人はセンスが良いんだなぁ。

    黒いハイヒールと黒猫、メッチャ絵になる!
    キサちゃんの、「何?何か問題でも?」って顔が可愛いです

    • こころ より:

      わ!私も嬉しいです♪タイミングが合いましたね♪
      トロントは海に面していないためか、なぜかオンタリオ湖が海に見えて仕方ないんです。水が波打っていますしね。
      ビーバーテイルずはミトコンドリアみたい、ですか(笑)Umeさんはもしや理系ですか?^^ 実はまだ食べたことが無いのですが、揚げパンにシナモンシュガーだったら、絶対美味しいやつ!!と思って、気になってしょうがないんです。。。(でも甘そうなので、優先順位的には下の方なのですが・笑)
      キサの「何?何か問題でも?」って言ってる表情がホント、笑っちゃいますよね。可愛いです♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 黒猫vsロシア人夫 -身内に敵あり- , 2018 All Rights Reserved.