最近のトロントでの出来事。

最近のトロントでの出来事。

ちょっとだけ触れたいと思って写真も撮っていたのに、なかなか区切りがつかずにいたので、もう諦めてトロントのエリア紹介の間にこの記事を入れちゃいます(笑)

Chinese New Yearをしっかり祝う、トロント

今年は2月16日に中国と韓国では旧正月をお祝いされていましたね。トロントでは中国や韓国から来た人たちが多いからというだけでなく、移民が集まってできた国だから色んな文化を受け入れようという考えの元、スーパーやモールなどでも旧正月を祝うデコレーションをされているのかなと私は思っています。

今年は戌年ですね。

ハンドバッグに犬のぬいぐるみを乗せて、さりげなく(?)旧正月を祝うデコレーション、可愛いなと思って眺めていたら、隣のマネキンは・・・

見えますか?このつぶらな犬たちの目線が・・・。

花束ならぬ犬束でドーン!

・・・とりあえず、犬を飾っておけばいいでしょ?っていう若干雑な感じのデコレーションに見えなくもない、ユニークなアイディアでした。来年が楽しみです。

ちなみにスーパーでは旧正月をお祝いすべく、中国や韓国の食べ物だけでなく、なぜか日本のキャンディなんかも売られていて驚きました。たまに「日本にも旧正月をお祝いするの?」って聞かれることがあるので、なんとなく一緒にされているのかもしれませんね。

 

人種差別に多少過敏なところがある、トロント

blogTO:Toronto nightclub takes heat over racist Asian theme nightより(記事のタイトルを押すと元のサイトが開きます)

上の記事によると、あるナイトクラブでアジアをテーマにしたようなのですが、そのときの一部の従業員の服装が人種差別だとインスタグラムの写真を通して炎上したようです。で、このサイトを開くとどんな格好していたのかわかるのですが、胸を強調した短い丈の『着物』に箸をお団子にした髪に二本刺していたり、『芸者アサシン』というタイトルで、歌舞伎役者のような化粧をしていたりと、日本をイメージしてやったのかなぁ?って感じの恰好なんです。個人的には正直、そういう恰好がアジアのイメージと言われていい気分はあんまりしませんが、きっと彼らは「カッコイイ」「可愛い」恰好だと思ってやってるんですよね、悪気はなくて。

でも、そのインスタの写真を見た人たちは人種差別だと騒ぎ、今はそれらの写真は削除されているのだそうです。

お店側はそんなに悪いと思っていないようですが、今後の対応の参考にしますといったコメントだったらしいです。

もし、逆のことが日本のナイトクラブで起きたら、ここまで人種差別だと騒がれるかなー??と考えてしまった記事でした。

 

<Sponsored Link>

 

今日のキサ。

今月で生後六か月になるキサ。乳歯を三本集めることができました。が、きっと知らないところでポロポロっと落としてるんじゃないかなと思っています。

ちょっと退屈そうな顔したキサ。次のいたずらを考えてるのかな?

ムッとした表情!?と思ったら・・・

欠伸をしたかっただけみたいでした(笑)

最近はこのお気に入りのブランケットをフミフミしてから、昼寝をするのが大好きな時間のようです。ぐるぐる、結構大きな音を立てて、フミフミやってます。可愛いやつ♪

 

<Sponsored Link>