仔猫の里親になって知ったロシア人夫の変な常識。黒猫キサを守るため、ペット初心者なお世話係が奮闘中!

愛されることが、こんなに辛いなんて・・・。

2018/02/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
2012年にカナダに来て、カレッジ卒業後はBakerとして働いていました。トロントにて、ロシア人の夫と義父との三人暮らしだったところ、2017年12月から黒い仔猫の里親になりました。初めてのペットに、ニヤニヤが止まりません♪

熱烈に愛してくれる、キサ。

今日は早朝からキサの熱烈な愛が重かったです。クチャクチャ・・・と頭上から音が聞こえると思ったら、キサが私の髪を舐めていて。時々噛んだり、頭を押さえて髪を引っ張ったりするから、ちょっぴり痛くて起こされました。私の髪が長いこともあって、日常的に私の髪にじゃれたり、しゃぶったり、噛んだりしているのですが、朝からこれは、愛が重すぎます。。。飼い主の髪の毛を舐めるって、毛づくろいをしてくれているつもりなのかなと思っているのですが、実際はどうなんでしょう?キサと会話ができたらいいのに!

ちなみに今は足元で寝ています。元が黒いから、こうなると、何がなんだかわかりにくいのが難点。。。

少し離れてみると、こんな感じです。椅子の隙間で寝てることも多いので、たまに気づかず足が触れることもあります。飼い始めた頃は、前の習慣で普通に足を動かした先にキサにぶつかったりしたことがあったので、今は足元と椅子の下をまず確認してから動くようになりました。うっかり椅子を動かして、キサの上に乗っちゃったりなんかしたら・・・キャーーーー!後悔しきれません!!

キサと一緒に生活するようになって、一番気を付けているのは移動です。特にキッチンで料理をしているとき、バタバタと動きたいのに、キサが足元でそっと寄り添うように座っていたり、落とした何かを拾い食いしたりしているので、なるべくゆっくりとすり足で動くようになりました。もう少し大きくなったら、行動パターンがまた変わってくるのでしょうか?

 

<Sponsored Link>

 

成長とともに変わってきたキサの行動

一緒に暮らし始めて一か月と少しが経ったくらいですが、それでもキサの行動の変化から、成長を感じるときがあります。一番大きいのは、遊び方の変化です。先月の始めの頃(生後3カ月頃)は対象物に対して、やみくもに追いかけているように見えたのに、今は様子を見てそこに狙いを定めるやり方に変わっています。まるで、一緒に遊んでいる私はキサのハンティングのスキルを上達させる訓練をしているような気分です。オモチャを動かしている側としては、やみくもに追いかけてくれる方が面白かったりするんですけどね。あとは、膝の上でずっと過ごしていた傾向があったのに、今はあまり膝の上で過ごしてくれません。机の上だったり、ベッドの上だったり。私がちょっと席を外すと私の椅子に座ってくつろいでいたり。以前より抱っこさせてくれる時間がすごく減ったように感じます。あんまりベッタリされると、私が日本へ里帰りしているときのことなど考えると今から心配になっちゃいますが、イチャイチャの時間が減るのもちょっぴり寂しいですね。

『変わってきた行動』ではないですが、一か月かけて、キサのおトイレのパターンがだいぶ決まってきました。まずは一度使用したトイレはキレイになるまで使いたくない子であること。私がキッチンで自分の朝食の支度を始めると餌の続きを食べて、便を出して、リビングで私が見ているのをチラっと確認しつつ、ひと暴れすること。おトイレは一日、尿がだいたい4回前後、便は2回あればラッキー、来客やキサの外出などちょっとしたことで1回になってしまうこと。これは、超じぶん管理「リズムケア」というアプリを使って、トイレ掃除をするたびに回数を記録していって傾向をつかみました。最初は一日中、回数を覚えていたんですが、毎日のことだとだんだんわからなくなるんですよね。このアプリ、すごく便利でお勧めです!

一番成長を感じるのは遊び方ですが、これからもキサが飽きないように、いつも様子を見ながら新しいオモチャを作って与えてあげたいと思います。

 

<Sponsored Link>

この記事を書いている人 - WRITER -
2012年にカナダに来て、カレッジ卒業後はBakerとして働いていました。トロントにて、ロシア人の夫と義父との三人暮らしだったところ、2017年12月から黒い仔猫の里親になりました。初めてのペットに、ニヤニヤが止まりません♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 黒猫vsロシア人夫 -身内に敵あり- , 2018 All Rights Reserved.